NEWS RELEASE
札幌の税理士事務所からのお知らせ
2019.02.20
「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」の公募が開始しました。
毎年お馴染みのものづくり補助金の公募が2月18日から開始されました。

ものづくり補助金とは、中小企業・小規模事業者等が取り組む、生産性向上に資する「革新的な」サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善に必要な設備投資等を支援するものです。

締め切りは下記のとおり、5/8までです。
なお、今回からの措置として、早く事業をスタートしたい事業者のために一旦2/23で締め切り、すぐに審査を行ってくれるようです。とはいえ、公募開始から5日後は短いですね。
もちろん、5/8までに申し込めばきちんと審査を行ってくれますので2/23までに申し込まなければいけないということではありません。

公募開始:2019年2月18日(月)
第一次締切:2019年2月23日(土)〔消印有効〕
第二次締切:2019年5月8日(水)〔消印有効〕

参考:第一次締切分及び第二次締切分の応募案件の取り扱いについて(クリックするとリンク先に飛びます)


審査にあたっては、「認定支援機関の全面バックアップを得た事業者を支援する」とされています。弊社も認定支援機関の承認を受けておりますので、申請をお考えの方は是非FUJITA税理士法人までご相談ください。


参考:中小企業庁サイト(クリックするとリンク先に飛びます)

執筆者:税理士 藤田賢