NEWS RELEASE
札幌の税理士事務所からのお知らせ
2022.10.03
令和4年10月に実施された厚生労働省関係の主な制度変更
令和4年10月より、人事労務実務に影響を与える数々の制度変更が施行されました。雇用保険料率は、労働者負担・事業主負担ともに引上げとなります。また、ここ北海道最低賃金は令和4年10月2日から920円(引上げ額31円)と変更になります。

そこで、厚生労働省より、「令和4年10月に実施される主な制度変更のうち、特に国民生活に影響を与える事項について」のお知らせがホームページ上で公開されています。同ページでは、主な変更項目における改正の内容、対象者、問い合わせ先担当部局や、関連リンクなどが一覧形式でまとめられています。

令和4年10月に実施される厚生労働省関係の主な制度変更
<雇用・労働関係>
最低賃金の改定
雇用保険料率 改正育児・介護休業法関連
職業安定法関連

<社会保険関係>
被用者保険の適用拡大
企業型DC加入者のiDeCo(個人型DC)加入の要件緩和
在職定時改定の適用
育児休業中の社会保険料免除要件の見直し


【参考】厚生労働省関係の主な制度変更(令和4年10月)について

実務対応や従業員周知などに抜けがないか、再度ご確認をよろしくお願いいたします。


執筆 本田 貴江