NEWS RELEASE
札幌の税理士事務所からのお知らせ
2020.05.27
中小企業倒産防止共済掛金の経理処理
中小企業倒産防止共済(以下、倒産防止共済)に加入している会社も多いかと思います。
倒産防止共済の掛金の経理処理には2つのパターンがあるので、それぞれご説明します。

① 経費処理(保険料)とする場合
税務上、掛金が全額損金になることから、仕訳の段階で経費として処理します。
 <仕訳例>
 (保険料) 50,000 / (預金) 50,000

② 資産計上(保険積立金等)とする場合
倒産防止共済の掛金は、掛け捨てではなく積立(貯金)です。
会計上、資産科目で仕訳するのが妥当な経理処理と言えます。
 <仕訳例>
 (保険積立金) 50,000 / (預金) 50,000

では、どちらの経理処理が有利となるでしょうか?
「② 資産計上(保険積立金等)とする場合」をおすすめします。
①の保険料処理した場合は掛金が簿外資産となりますが、②の保険積立金処理した場合は資産として計上され、営業利益も①よりも良くなります。
決算書がよくなるということは、“融資を受けやすくなる”というメリットにもつながります。

ただし、「②資産計上(保険積立金等)とする場合」の経理処理をした場合、
法人税申告書で減算調整が必要となりますので、その点は注意が必要です。
減算調整することで、納税額は①のパターンと同じとなりますので、不利になることはありません。


執筆者:宮﨑