NEWS RELEASE
札幌の税理士事務所からのお知らせ
2019.03.01
人材募集について(新たな選択肢)
社会環境・生活スタイルの変化に伴い、「自社のニーズに合った人材」を効率的に採用することが困難な時代になったと思われます。

「企業は人なり」と言われますが、人は感情で動くものであり、「企業側と社員の信頼関係」が構築されていれば、社員は本来の力を発揮することにより、企業の業績向上に繋がりますが、「企業側と社員の信頼関係」が保たれなければ、社員は本来の力を発揮する機会を失うこととなり、その結果、企業の業績低下に繋がるという重要な存在であることを認識しなければなりません。

なぜならば、概ね「得意先・お客様と直接又は深く関わる者は現場で働く社員」であることを考えると「企業の品質は社員により決定される」ということになります。
それ故、「雇用する企業側と社員のマッチング又はミスマッチ」は企業業績に大きく連動するものとなります。
少なくとも企業業績のマイナス原因となる重要な「双方のミスマッチ」は極力避ける手段を講じなければなりません。

そもそも「雇用側と働く側とのミスマッチ」はどのような時に生じるのでしょうか?
簡単に言えば、雇用当初描いていたイメージと実際に数ヶ月間仕事に従事した時の現状が大きく異なっていると感じた時と言えます。
「感情により行動が左右される存在である人間」は「信頼関係が無くなった時」に本来の力を発揮出来なくなるばかりでなく、不平不満のマイナス思考は得意先や周りの環境にも悪影響を与えかねません。

これらのリスクを極力減らす手段として「人材(人財)募集の選択肢」を信頼出来る「派遣会社」に相談するということが考えられます。
予め「信頼できる派遣会社」を持つことは「企業は、その時に合った人材募集内容」を派遣会社に伝えることによって「極力、そのニーズに近い人材の受け入れが効率的に可能」となり、その後、「企業・社員相互間でのマッチング」を確認出来た上で正規社員にすることが可能であるため、「雇用をした後の様々なリスクの排除」が出来ると共に「信頼関係の構築が出来上がった雇用関係」により、社員は本来の力を発揮出来る環境で仕事に従事することとなるため、必ず企業の業績は向上するはずです。

社員が入っても長続きしない、求人募集をしても応募がなかなか来ないなど人材(人財)募集について行き詰まった時に、新たな選択肢として「信頼出来る人材派遣会社」に相談するのも解決策の一つとなると考えます。

筆者:國安 浩文